仮想通貨ビットコインは2009年の誕生以来無停止で動き続け、
約1兆1200億円(2016年11月時点)の時価総額を保持する。

このビットコインの決済を支える「ブロックチェーン技術」が
今、フィンテック分野、公共サービス、シェアリングエコノミーなど多方面で注目されているという。

ブロックチェーン技術は、インターネットでつながり世界中に分散した多数のコンピュータ上で動く
分散型台帳」に情報を書き込んでいく仕組みをとる。

    一部のコンピュータが故障しても止まらず、データも失われないといった特徴を持つ。