仮想通貨

ITが毎年のように大きく変わる時代、
大量の負け組と少数の勝ち組が生まれます。
あなたは、どちらを選びますか。

マウントゴックス社の破綻でビットコインは危ない

政府は仮想通貨を「財産的価値」と認めた

詐欺と本物の暗号通貨の見分け方は

今もっとも熱い暗号通貨は何か


今、話題の仮想通貨を勉強した私が、とうとう、その「ノウハウ」の全てを余すことなく明かした『仮想通貨2.0の“反則的な”有力情報』を教えます!


【この機会に詳しく知りたい方はこちら】


池上彰さんが仮想通貨(ビットコイン)について詳しく解説しておりますので、ご覧下さい。
たった15分ですべてが解る!

今、話題の仮想通貨とは・・・

知っておきたいこと

仮想通貨とは、正確には「暗号通貨」です。

日本で「仮想通貨」と言えば、ビットコインを漠然と指す言葉として有名です。

仮想通貨の“反則的な”有力情報』では、今まで書店で売られている書籍では決して説明されてこなかった情報を教えています。

実は、仮想通貨では絶対に押さえておきたい3つの要素があります。

「よく分からないものは怪しい」と考える日本人の特性・・・

日本人って「よく分からないものは怪しい」ってすぐに言います。

インターネットが出始めの時も、そう言いましたよね?

たとえば、「何だかよく分からないし、こんなものが本当に普及するのか・・・」というような批判的な意見ばかりでした

その後、インターネットの世界はどうなりましたか?

可能性を感じた人は次々とIT企業を立ち上げ大きな成功を収め億万長者になりました。

m008-020

詐欺と本物の見分け方とは・・・

考える 外人

少し前にあったマウントゴックス社の破綻

問題は、マウントゴックス社の破綻って両替所の一つの破綻に過ぎないのに、

例えば「ビットコインそのものが危ない」というイメージ

日本では、そう思われています。

ビットコイン自体が詐欺ではないのです。

これは将来ビットコインのように上がるから安いうちに買っておいた方が良いと言って
買わせて自分の持っているコインを売却して儲ける詐欺が増えています。

コインの値段は上がったけど日本円に換金する手段が無いと困っている人が、あとを絶たず・・

☆詐欺と本物の見分け方はこちらをご覧下さい

買っても良い仮想通貨とは・・・

◎世の中には暗号通貨と言われる仮想通貨は世界中で2016年4月1日現在で1109種類もあります。

1109種類」すべてが本物ではありません。

大げさに良いと言う噂や誇大表現は胡散臭いと思って下さい。

しかし、社会経験が圧倒的に少ない情報弱者は得た情報がすべて本物だと信じて、次々と仮想通貨を買うのです。

一般的に、人はネットの案内ページや口コミを通じて興味を示し購入を検討します。

出口がしっかりとあるインターネット上のウォレットが存在していない仮想通貨は注意が必要です!

仮想通貨の“反則的な”有力情報』では、仮想通貨ウォレットをどこで購入すれば良いか分かりやすくご案内しています。

【購入先を詳しく知りたい方はこちら】

043

ついに登場!未来型NIGウォレットとは・・・

◎日本初の暗号通貨と現行通貨を貯めれる夢のカード

スーパーマルチカレンシーシステム

世界初で類似品は複製不可能です!

貴方のお金を「守る」「増やす」

守る 」=日本円以外の外国通貨に金種変更
増やす」=レートの変動を生かしてトレード

インターネット海外銀行口座無記名デビットカード+アプリケーションが持てる

◎日本に居ながらにして海外の口座が持てるって良くないですか?

未来型NIGウォレットをどこで申し込めば良いか分かりやすくご案内しています。

登録時の必要書類について詳しくはこちらをご覧下さい。

【お申し込みをしたい方はこちら】

仮想通貨を検討中なら
コチラ

Peace Gateのお問い合わせ先

ウォレット専用番号:03-5829-9181 (NIGのみ対応)


多忙で出られない場合がありますので、お掛け直しをお願いします。

平日10:00~17:00 (最長10分/1人)
メールによる問合わせはこちら

Copyright© 2018 仮想通貨. All rights reserved.